4月5日午後4時、今日の東京都の感染者が130人以上にと速報が出た。各県での速報も日に日に感染者数が増えており、感染ルートがわからない場合も増加している。個人的に日頃感じていることを書いてみた。

日本は、人権を重視されるが故に他国のような封鎖、違反者に罰金逮捕などされず要請せざる得ないのです。少しでも法律のことを学んだことのある人なら、強い要請がどれだけのことを意味するのかわかる。

あらためて
STAY at HOME, SAVE LIVES! 
お願いしたい。
それと、行動変容。

感染してしまった人は、感染ルートを少しでも解明して感染の拡散を防ぐために、保健所の調査に応じて他者の感染を防いで欲しい。自分を含めた自分の大切な人が、他者からの感染で命を落としたり、重症の後遺症が残るような状態になった場合を考えてほしい。

今が安いから、あの県は発症していないからと言って出かけることはやめてほしい。自分が感染していると思って行動してほしい。
禁止じゃないから出かけるはやめて欲しい。

私たちは、インフルエンザや風邪で高熱が出た、咳がひどい、喉が痛いと、医者に行って薬をもらう。治療薬のあるインフルエンザでも一定期間の出社禁止や登校禁止がある。
新型コロナで、若い人たちは軽症で済むって言われているけど、病院で言う軽症って呼吸器をつけなくてもすむ、私たちには辛い状態なのです。インフルエンザの何倍も辛いとニューヨーク在住の日本人がNY感染体験記を公開しています。
咳が出て呼吸が苦しくなった時の形容を「プールを長時間泳いだ後のような感じ」大きく息を吸い込もうとすると吐き気と咳が出ると書いている。詳細は、原文を読んで欲しい。ER寸前だったかもと、トイレに行くのも大変な呼吸の苦しさ。眠ることすらできないと。眠れたらまだいい方だとも。
病院は重症者だけ、呼吸器が必要ない人は自宅で症状を緩和する薬(コロナ用ではない)で、自己免疫力がウィルスを上回るまで頑張ることになる。

感染してから、感染させてから後悔しても遅いのだ。あんなに海外から日本に、今止まれば持ちこたえると警鐘を鳴らしてくれているのに。

それから、学校に行けないからストレスが溜まるって、インタビューで聞いたりする。30分1時間の運動とかは、蜜に接触しなければ可能だ。海外では庭やベランダを走ってマラソンした人もいるし、マンションなら階段の上り下りで運動もできる。
どうやら学校に行きたいと言っているのは勉強したいからより、友達と遊ぶことがメインの様子。本当に勉強したい子は、普段から勉強する時間や機会を得られない子たち、給食に食事を頼っている子供達だと感じる。
オンライン授業の促進と、機器を持っていない家庭には貸し出しをする。この危機は短期では終息しないと思うので、挑戦と考えて関連企業は推進していって欲しい。この挑戦は感染病だけでなく、災害の多い日本で必ず役に立つと思うのは間違いだろうか。

来年でもお花見はできるよ!

私はこの1年数年で、2〜3ヶ月怪我や感染症(新型コロナではありません)、疾病で全く外に出ることができない経験をしました。だからこそ、健康であることのありがたみ、季節の移り変わりやちょっとした楽しみがいかに幸せであるか、関わってくれている人たちへの感謝を感じています。子供達は、家族といろんなことを話したり、学んだり、感んがえたりする機会にして欲しいし、大人は現状が崩壊していく中で自分にとって何が大切なのか、何ができるのかを考えて欲しいと思っています。